人間、誰しも人間関係、健康、経済などの問題を抱えていると思います。
その原因が何であるかを究明しないまま、いろいろと頑張って良くしようとしている
ケースがあまりにも多くて、その場しのぎの対処の多さに驚かされます。
この生体共鳴磁場測定は、様々な問題の原因となっている心の内側にある思いの癖や
ネガティブな感情が共鳴して引き寄せる毒素・ウイルス波動を見事に測定、視覚化します。

その原因を見つけ出し、改善することで、結果的に近い将来表れてくる不調や生活環境、
人間関係といった現象・結果を、より早い段階で良い方向に導くことができるのです。

生体共鳴磁場測定は「意識」や「肉体以外のからだ」意識しないとできない、
時代の最先端を行く「生命場」のエネルギー測定技術です。

生体共鳴磁場とは、身体のそれぞれのフィールドが持つ固有の周波数のことで
一般に波動とも呼ばれ、それぞれの部位の場にそれぞれ固有の周波数が存在します。
その固有の周波数と実際の状態の周波数の共鳴、非共鳴度合いを測定する方法で、
エネルギーレベルのランク付けにより自分の魂・心・身体が現在どのような状態か
数値化・視覚化して見ることができます。




上記の図の順でエネルギー作用、共鳴の因果関係があると考えられます。

肉体に現れる様々な状態は、主にネガティブな感情が原因になることで
特定の毒素・電磁波・ウイルス波動が共鳴し引き寄せられることで起こり
最終的に毒素・ウイルス波動が肉体波動に共鳴して反映されるので、原因となる
感情波動の改善、毒素・ウイルス波動の除去が主な目的になります。

生体共鳴磁場のエネルギーは対面または遠隔で測定することが可能です。
ご本人だけでなく、お写真があればご家族や友人の測定も遠隔測定が可能です。

対面でも遠隔でも現れる結果や改善効果はほとんど同じです。これも画期的なことです。

圧倒的なスピードで、身体各部位の共鳴磁場エネルギーを測定します。
  • ・身体部位約230項目以上のエネルギー測定も15分程度でフルスキャン可能!!
  • ・エネルギーの低下状態により、細部まで掘り下げて自動で測定が行われます。
     ※左が改善前、右が改善後。◆(低下:レベル5)が▼(普通下:レベル4)に、
      ▼
▲(普通上:レベル3)に変化しています。は良:レベル2。
エネルギー測定結果をグループ別にまとめてわかりやすく表示します!
  • ・影響を与えやすい食物、色、音楽、人間関係、過去や現在のエネルギー的影響と
     その度合いを視覚化・数値化して確認できます。
  • ・マイナス感情の共鳴によって引き寄せられた毒素・ウイルス波動の影響による
     体内エネルギーへの干渉の有無が確認できます。
     ※左はエネルギーを上げる色。右は人間関係。赤い文字で表記されている部分が
      強く影響を与えていると推測される項目。この場合だと、父親との人間関係が
      
エネルギー低下の原因と推測され、改善のためには関係修復が望まれます。
感情波動・毒素波動・身体波動から、エネルギー的な「予定の波動」も確認出来ます。
  • ・蓄積されたマイナス感情波動(怒り・憎しみ・悲しみ・ストレス波動など)の確認
  • ・蓄積された毒素波動(ナトリウム毒素波動・水銀毒素波動など)の確認
  • ・過去世カルマから影響を受けている感情波動の確認
  • ・身体波動(神経波動・臓器波動・血液波動・リンパ波動など)の確認
     ※細胞には主に今世の感情、染色体には生まれた時から持っていた過去の記憶が現れます。
共鳴磁場エネルギーの状態を確認した上で、修正プログラムを作成出来ます。
  • ・潜在意識の奥深くにある問題の原因を探し出し、改善することができます。
  • ・数霊(KAZUTAMA)よる数霊波動転写と組み合わせた、
     画期的なエネルギー調整を行います。
  • ・エネルギー測定結果を加味し、エネルギーを修正する周波数波動を水に転写し、
     本来あるべき周波数を回復すべく調整します。
  • ・ご自身の健康管理はもちろん、家族、知人、友人やペットのエネルギー測定も
     可能、修正エネルギー転写水も数分で作ることができます。

「生体共鳴磁場スキャン」は、医学的な診断・治療を目的とするものではありません。
  生体の持つ「生命場(エネルギーフィールド)」を測定し、心身のセルフケアの
  気付きを得るためのエネルギーチェックです。
  病気の治療などを目的とする場合は、別途、医師の診断・治療を受けてください。
  以上ご理解の上、個人セッションを下記よりお申込み頂きますようお願いします。

心理学者、医学博士などによって1991年に設立された ハートマス研究所 が研究開発し、
  15年以上にわたるストレス研究に基き確立したメンタルトレーニング法のひとつであり、
  国内では京都大学カウンセリングセンター、関西医科大学病院心療内科など数多くの大学や
  医療機関で導入されているコヒーレンス(心臓呼吸)法、心拍変動のバイオフィードバック
 システムを、心臓が脳に与えるストレスを軽減させる目的で取り入れています。

プライバシーポリシー
会社概要&特商法表示